スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガス給湯器 おすすめ どこで買う その1

給湯器
おすすめ給湯器。どこで買うのがいいのか?
ガス給湯器関連の仕事をし、専門知識が増えましたので紹介です。

10年以上使用し給湯器が壊れてしまい、買い替えないと・・・
さてどこで購入するかです。
選択肢としては
①メーカー関連から買う
②知り合いの工事店から買う
③ガス屋から買う
④ネットで買う

この中からどれが良いか悩むと思います。
①メーカー関連工事店から買う
おすすめ ★★★
だいたいが料金は高いです。
料金は高く定価とそこまで変わらない。理由は仕入れ値が高いからです。
ただ、メーカー関連だけあって給湯器専門で工事ばかりやってますので信頼度はかなり高いと思います。

②知り合いの工事店から買う
おすすめ ★★★
全部がそうではありませんがやはりネットで買うよりほぼ高いです。
昔から近所の付き合いでつけてもらうという方が多いですが、




スポンサーサイト

EX-AR7 評価




ビクターコンパクトコンポーネントDVDシステムEX-AR7ビクターコンパクトコンポーネントDVDシステムEX-AR7
()
JVCケンウッド

商品詳細を見る

この間、JVC(ビクター)のEX-AR7とEX-BR3を試聴しましたので書きます。
価格 6万7000円 (2014年2月)
おすすめ ★★★★
ここがgood 音が綺麗 シャキシャキなる 小型で邪魔になりにくい
ここがbad 音の広がりが少ない 高音と低音の幅

いつのまにかJVCというメーカー名になってしまったビクターのウッドコーンコンポです。
このコンポはCD、FM、AMの他にDVDの再生も可能なコンポです。
個人的にビクターのウッドコーンコンポはものすごく好きです。
注目すべきはスピーカーの木の部分がチェリー材とウーハー部分が木で出来ていて、高級感があります。
リンク
上記のHPでは伝わりずらいですが、現物を見たらほれぼれするような出来です。




音に関して
音源の良いジャズで試聴しましたが、このサイズのコンポでは飛びぬけてとてもよかったです。
(値段が高めだが)
ジャズが特に合うのではないかと思いました。女性ボーカル音のものも得意だと思います。
シャキシャキ鳴るタイプで、音の広がりは高くないです。
音の振動が木の振動板からのせいか、綺麗な音が出ます。
音の精度が良く、細かい音の情報もひろいます。
シャキシャキなりますが、聴いてて疲れにくいと思いました。

大型スピーカーのようなゆったりと鳴る音が好みの方には向かないです。
重低音はまったく出ません。
高音はそこそこ出てましたが、2wayに比べると劣ると思います。
リビングや台所で普通の音量で、リラックスして聴く分には問題ないと思いました。
尚、低音重視、高音重視のコンポが良いという方は別のにした方が良いです。




スピーカーが小型の為、真ん中の本体と話して配置する場合が多いと思います。
離せる距離は3Mです。
低音、高音の調整は5段階調節可能。
リモコンが少し操作し難いです。
外部入力もあるので、PCから出力(プリアウト出力)できれば音が出せます。

音楽ジャンル
ジャズ よく合う
女性ボーカル物 合う
クラッシック 普通
ヒップホップ ×

下位のBR3も聴きました。
BR3も良かったです。
AR7の方が細かい音が出せる分AR7の方が良いです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

ONKYO X-NFR7 評価




オンキヨー CD/SD/USBレシーバーシステムONKYO X-NFR7-Dオンキヨー CD/SD/USBレシーバーシステムONKYO X-NFR7-D
()
オンキヨー

商品詳細を見る



ONKYOの定番コンポFRシリーズ X-NFR7

価格 3.3万円 (2013/12時点)
おすすめ ★★★
ここがgood Bluetooth機能
ここがbad MDが使えない

ONKYOが長くシリーズ化しているFRシリーズ。
FRシリーズの特徴はCD・MD・ラジオのオールマイティーな機能を持つ事ですが、今回は長年利用できたMDが無くなりました。CD・ラジオの予約録音等する場合はSD・USBメモリーへの録音になります。
機能としては、CD再生・AMFMラジオ・SD再生録音・USBメモリー録音再生・外部接続が可能です。

音質
高音 この価格では標準 
中音 ボーカル音がクリアです。聴き疲れしにくい音だと思います。
低音 低音が豊かでゆとりのある低音が出ます。
また、スピーカーの後ろの配置を気にしないで使用できるのも良いと思います。
音の分離はそこまであるタイプではありませんが、聞き疲れしにくい綺麗な音です。
長時間音を出しっぱなしにしていても、嫌な音に感じにくいと思います。


前機種との比較 音質
試聴しましたが、正直前機種と変わらないと思いました。
というのもFRシリーズはアンプに関しては同じ作りを使いまわしていると思われます。
今回もアンプの出力が同じです。
スピーカー部分は若干変更が毎年ありましたが、今回は前回と同じだと思われます。


前機種との比較 SD録音に関して
MD録音機能がなくなり、SD録音ができるようになりました。
前機種で出来た事が今回できなくなっているようです。
・MD録音速度最大4倍速(前機種)→SD録音速度最大2倍速(今機種)
 CD→SDへの録音は、録音ボタン長押しで2倍速。押さなければ1倍速録音になります。
・DLAリンク機能有り(前機種)→DLAリンク機能無し(今機種)
 (DLAリンク機能は、CDを録音時にCD音量を揃えて録音くれる機能です。)



ONKYO CD/SD/USBチューナーアンプ NFR-9(S)ONKYO CD/SD/USBチューナーアンプ NFR-9(S)
(2013/08/10)
オンキヨー

商品詳細を見る

NFR-9
こちらの商品はコンポ真ん中のレシーバー部のみになります。
コンポのアンプ部分と違う点が2点あります。
①ボリュームのつまみがアルミである事。
ノイズが出る事を防ぐためには少し高価な素材アルミを使ったら良いらしいです。
当然音に影響は多少はあるでしょうが、私は分かりませんでした。
②後ろ側のスピーカー端子を入れる部分がバナナプラグ対応である事。
太いスピーカーケーブルも使えるようになったという事ですが、このクラスのコンポに太いケーブルは不要だと私は考えます。

よってアンプ部分のみの購入ならば、同じONKYOの CR-555or755の方が良いです。
音の分離力やパワーどちらもCR-555の方が上です。
録音が必要な場合はレシーバー部のみの購入になると思いますが、値段と合わせて考えると(2013/12時点で値段は3万↑)アンプの能力はそこまで優れていませんので注意が必要です。



テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

KENWOOD K531 レビュー

 


JVC KENWOOD コンパクトHi-FiシステムK-531-SシルバーJVC KENWOOD コンパクトHi-FiシステムK-531-Sシルバー
()
JVC KENWOOD

商品詳細を見る


価格 3.3万円
おすすめ ★★
ここがgood Bluetooth機能
ここがbad K-731よりワンクラス音質は落ちる

KシリーズのR-K731の下位にあたるR-K531のレビュー。
3万~4万の価格帯を想定して比べています。
低音、高音が出すぎるという事もなく音のバランスが良く、うまく作られているなという印象を受けました。
ブルートゥース機能を使えば、スマートフォン側の操作で選曲ができるので便利そうです。
音の調節が低音、中音、高音の3パターン出来る点(トーンコントロール)も良いと思います。
デジタル音源をアナログ変換することなく、最後まで信号処理を行うというだけあり、高音~中音の分解力があり、歯切れの良い音が出てました。
ボーカルの音は、少しノイズ感(高音と混ざる感じ)を感じたのと、ボーカルが奥に引っ込む感じがしました。(悪いというわけではなく、この値段では普通のボーカルの音質だと思います。)
アンプのパワーも40W+40Wのパワーがあり、なかなかパワー感がある音です。
スピーカーは、MDFで価格を考えると良い仕上がりだと思いました。


X-N7XXとの音質比較
X-N7XXはソフトで、聴きづかれのしない音だと思います。
ノイズ感も少なくクリアな音質といえます。
比較ですが、X-N7XXより分解力とパワーがあります。
アップテンポな曲を聴くなら531の方が良いでしょう。
ボーカルのみの比較ならX-N7XXの方が良いです。
低音はN7XXが良く531はフラット時は貧弱で、D-Bassを使えば増えますが、ぼわつきが抑えれてない印象がありました。


R-K731との音質比較
R-K531で引っ込んだボーカルが前に出ます。
高音~中音の音の分解力がR-K731の方がワンクラス上です。
スピーカーの仕上がりが731の方が良く仕上がっていました。
音質面で結構な差がありましたので、音質で選ぶなら731の方が良いです。


まとめ
ブルートゥース機能で選ぶならこちら
音質で考えれば他もありです。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

九州ハイエンドオーディオフェア2013 行ってきた musik electronic geithain ME serises



4/27~4/29 福岡国際会議場4Fで開かれている第10回九州ハイエンドオーディオフェア2013に行ってきました。

今回一番衝撃を受けたのがmusik electronic geithain(ムジークエレクトロニク・ガイザイン)のME110というスピーカーです。
私が同軸スピーカーに興味を持ったのと、かかっている音楽のジャンルが自分とマッチしたというのもありますが・・

唯一会場で撮ってきた画像です。
ムジークエレクトロニク・ガイザイン MEシリーズ
左からME110 ME100 ME25
同軸スピーカーです。真ん中のツィーターが変わった形をしていました。
スピーカーキャビネットがかなりしっかり作られている印象を受けました。
一番小さいスピーカーでもB&WのCM1くらいのサイズはありました。
鳴らしてるアンプとCDプレイヤーはラックスマン。アンプは50万 CDプレイヤーは40万ほどのものです。

>2013042714230000.jpg


ここからはカタログ画像になります。
創立1960年からドイツメーカーで、モニタースピーカーを作っているメーカーです。
ムジークは原音に忠実で、坂本隆一さんが愛用しているらしいです。

DSC02085.jpg

ME110 価格 94万
これが一番すごかったです。
昔、業務用の1000万以上するシステムを聴く機会がありましたが、それに匹敵するくらい凄かったです。
本物のような音が鳴り、スピーカーから鳴っている事を感じさせず、定位がすばらしいです。楽器の鳴っている場所が音で分かるくらいです。さらに、低音はサブウーハーは要らないってくらいになっていました。音の歯切れの良さもすばらしく、ボーカルの音は本物そのもので、息遣いが聞こえてくるようなリアルさでした。
担当者曰く、「原音を完璧に再生しすぎるせいで音源の荒が出てしまう事が欠点です。」とのこと。
尚、一番小さなスピーカーが30万程でした。

DSC02084.jpg

その他には、ONKYO、DENON,YAMAHA、TEAC、パイオニア等の国内メーカーも来てました。
ONKYOはギター スピーカーのD-TK10をA-7VLで鳴らしていました。
面白いスピーカーと思いますが、D-412Eの方が良かった気がします。
DENONは自社のアンプ、CDプレイヤーで鳴らし、スピーカーはB&Wの800シリーズでした。
YAMAHAとパイオニアは全部自社システム。
TEACはA-H01のシリーズとAI-501のシリーズのPCオーディオを両方とも300NEOで鳴らしていました。
AI-501の方はスピーカーは変えてほしかった・・・。
ハイレゾ音源で音が細かく忠実で良かったです。
TEACのシステムを担当の方が熱心に説明して頂けました。
TEACはこれからはPCオーディオに力を入れていくらしいです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。