スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KENWOOD K531 レビュー

 


JVC KENWOOD コンパクトHi-FiシステムK-531-SシルバーJVC KENWOOD コンパクトHi-FiシステムK-531-Sシルバー
()
JVC KENWOOD

商品詳細を見る


価格 3.3万円
おすすめ ★★
ここがgood Bluetooth機能
ここがbad K-731よりワンクラス音質は落ちる

KシリーズのR-K731の下位にあたるR-K531のレビュー。
3万~4万の価格帯を想定して比べています。
低音、高音が出すぎるという事もなく音のバランスが良く、うまく作られているなという印象を受けました。
ブルートゥース機能を使えば、スマートフォン側の操作で選曲ができるので便利そうです。
音の調節が低音、中音、高音の3パターン出来る点(トーンコントロール)も良いと思います。
デジタル音源をアナログ変換することなく、最後まで信号処理を行うというだけあり、高音~中音の分解力があり、歯切れの良い音が出てました。
ボーカルの音は、少しノイズ感(高音と混ざる感じ)を感じたのと、ボーカルが奥に引っ込む感じがしました。(悪いというわけではなく、この値段では普通のボーカルの音質だと思います。)
アンプのパワーも40W+40Wのパワーがあり、なかなかパワー感がある音です。
スピーカーは、MDFで価格を考えると良い仕上がりだと思いました。


X-N7XXとの音質比較
X-N7XXはソフトで、聴きづかれのしない音だと思います。
ノイズ感も少なくクリアな音質といえます。
比較ですが、X-N7XXより分解力とパワーがあります。
アップテンポな曲を聴くなら531の方が良いでしょう。
ボーカルのみの比較ならX-N7XXの方が良いです。
低音はN7XXが良く531はフラット時は貧弱で、D-Bassを使えば増えますが、ぼわつきが抑えれてない印象がありました。


R-K731との音質比較
R-K531で引っ込んだボーカルが前に出ます。
高音~中音の音の分解力がR-K731の方がワンクラス上です。
スピーカーの仕上がりが731の方が良く仕上がっていました。
音質面で結構な差がありましたので、音質で選ぶなら731の方が良いです。


まとめ
ブルートゥース機能で選ぶならこちら
音質で考えれば他もありです。
スポンサーサイト

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

九州ハイエンドオーディオフェア2013 行ってきた musik electronic geithain ME serises



4/27~4/29 福岡国際会議場4Fで開かれている第10回九州ハイエンドオーディオフェア2013に行ってきました。

今回一番衝撃を受けたのがmusik electronic geithain(ムジークエレクトロニク・ガイザイン)のME110というスピーカーです。
私が同軸スピーカーに興味を持ったのと、かかっている音楽のジャンルが自分とマッチしたというのもありますが・・

唯一会場で撮ってきた画像です。
ムジークエレクトロニク・ガイザイン MEシリーズ
左からME110 ME100 ME25
同軸スピーカーです。真ん中のツィーターが変わった形をしていました。
スピーカーキャビネットがかなりしっかり作られている印象を受けました。
一番小さいスピーカーでもB&WのCM1くらいのサイズはありました。
鳴らしてるアンプとCDプレイヤーはラックスマン。アンプは50万 CDプレイヤーは40万ほどのものです。

>2013042714230000.jpg


ここからはカタログ画像になります。
創立1960年からドイツメーカーで、モニタースピーカーを作っているメーカーです。
ムジークは原音に忠実で、坂本隆一さんが愛用しているらしいです。

DSC02085.jpg

ME110 価格 94万
これが一番すごかったです。
昔、業務用の1000万以上するシステムを聴く機会がありましたが、それに匹敵するくらい凄かったです。
本物のような音が鳴り、スピーカーから鳴っている事を感じさせず、定位がすばらしいです。楽器の鳴っている場所が音で分かるくらいです。さらに、低音はサブウーハーは要らないってくらいになっていました。音の歯切れの良さもすばらしく、ボーカルの音は本物そのもので、息遣いが聞こえてくるようなリアルさでした。
担当者曰く、「原音を完璧に再生しすぎるせいで音源の荒が出てしまう事が欠点です。」とのこと。
尚、一番小さなスピーカーが30万程でした。

DSC02084.jpg

その他には、ONKYO、DENON,YAMAHA、TEAC、パイオニア等の国内メーカーも来てました。
ONKYOはギター スピーカーのD-TK10をA-7VLで鳴らしていました。
面白いスピーカーと思いますが、D-412Eの方が良かった気がします。
DENONは自社のアンプ、CDプレイヤーで鳴らし、スピーカーはB&Wの800シリーズでした。
YAMAHAとパイオニアは全部自社システム。
TEACはA-H01のシリーズとAI-501のシリーズのPCオーディオを両方とも300NEOで鳴らしていました。
AI-501の方はスピーカーは変えてほしかった・・・。
ハイレゾ音源で音が細かく忠実で良かったです。
TEACのシステムを担当の方が熱心に説明して頂けました。
TEACはこれからはPCオーディオに力を入れていくらしいです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

僕のおすすめ まとめ


オーディオまとめ
過去オーディオの紹介のまとめです。
1のリンクからはすべてミニコンポに飛べるようにリンクしています。

1 おすすめのミニコンポ 2013年版
2 TEAC
アンプ A-H01 ・スピーカー S-300NEO
3 ONKYO
スピーカーD-312E ・D-112EXT ・SL-057 ・INTEC 275シリーズ ・CR-D1
4 KEF
iQシリーズ
5 パイオニア
ピュアモルトシリーズ スピーカー
6 クリプシュ
・ RB-51 ・RB-41Ⅱ
7 オーディオテクニカ
ヘッドホンアンプ AT-HA20 ・CKS-70,CKS-90 イヤホン
8 ゼンハイザー
HD595 ・MX470
9 BOSE
Companion2
10 SONY
NW-865 ウォークマン 


テーマ : ブログ
ジャンル : ブログ

手嶌葵 - The Rose ~I Love Cinemas~




The Rose~I Love Cinemas~The Rose~I Love Cinemas~
(2008/03/05)
手嶌葵

商品詳細を見る


手嶌葵 The Rose I Love Cinemas
おすすめ ★★★
ここがGOOD 透き通った声で癒される 声の録音状態が良い
ここがBAD カバーである事 オリジナルではない 楽器の録音音質は声に比べ劣化

手嶌葵さんのアルバムでこれが好きです。
このアルバムには入ってませんが、ゲド戦紀やコクリコ坂のジブリの曲を歌っている人です。
どの曲も大体暗めのゆったりとした曲ですが、落ち着きます。
録音状態ですが、声の出どころが近く、そばで歌っているように感じられます。
声以外の音は後ろで鳴っているような感じがします。

聴いてもらいたいのは1曲目。
続いて3番目の曲のサビ部分の透き通った声。
6曲目もおすすめです。
全体的にボリュームを大きめにしても嫌な音はしません。
好みもあると思いますが、amazonで視聴できます。



1. The Rose(1979/米 映画「ローズ」より)
2. Moon River(1961/米 映画「ティファニーで朝食を」より)
3. Calling you(1987/西独 映画「バグダッド・カフェ」より)
4. Raindrops Keep Falling On My Head(1969/米 映画「明日に向って撃て!」より)
5. Over the rainbow(1939/米 映画「オズの魔法使」より)
6. Beauty And The Beast(1991/米 映画「美女と野獣」より)
7. What Is A Youth?(1968/英・伊 映画「ロミオとジュリエット」より)
8. Alfie(1966/英 映画「アルフィー」より)
9. The Rose(extra ver.)



追記
JPOPも聴くのですが、音質が良いものに中々出会えません。
これから音楽もブログでおすすめしていこうと思っていますが、なるべく音質が良いと思ったものを紹介しようと思います。
おすすめの★の数はは録音状態+自分の好みで判断しています。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

SHANTI BORN TO SING




Born to SingBorn to Sing
(2010/06/23)
SHANTI

商品詳細を見る


SHANTI BORN TO SING 音楽 CD

ジャンル JAZZ
おすすめ ★★★★
ここがGOOD 何度聴いてしまう 録音した音が良い
ここがBAD 声は好みが分かれるかも

2010年度 第17回 「日本プロ音楽録音賞」
ジャズ・クラシック部門 優秀賞受賞作品



SHANTI(シャンティ)さんの中で一番売れてるCD。
評判が良いので買ったのだが、結構気に入ってしまい何度も聴いてます。
ボーカルの声は力強く、でも嫌な感じがせずはっきりした声で癒されます。
音はギター、ドラム、ピアノ等の音がありますが、彼女の声がメインです。

10秒くらいしか視聴できませんが、全部の曲を通して良い曲だと思います。
中でも好きなのは1曲目(ひっかくようなギターの鳴る音)
安定のある音楽の中で心地よい6曲目。8曲目のようなテンポアップの曲も好きです特に高いギターの音。
日本のJAZZの録音の音の中では、良いと思います。

e-ONKYO 視聴できます
e-onkyoのサイトでは24ビットの高音質で音楽がダウンロードできます。
CD音源は16ビットです。
私はCDからですが、PCにFLACの無圧縮でハードに保存し、BGM変わりに流してます。音質の劣化はあまり感じません。

amazonからも視聴できます



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ONKYO D-112EXT レビュー 評価



d112ext_.jpg

D-112EXT(D)

CRシリーズのスピーカー選択で上位にあたるスピーカーです。
CRシリーズスピーカー
①D-55 約1.7万
②D-55EX 約1.7万
D-112EXT 約3万

おすすめ ★★★
ここがgood 小型でありながら良い低音 木がとても綺麗
ここがbad 小型スピーカーの欠点



CRシリーズの組み合わせでD-55EXと迷う方もいると思いますが、D-112EXTの方が高音質です。
ボーカルの音が綺麗に聞こえました。前に出てくる印象です。
中~低音の抜けがよく、レスポンスも良いと感じ小型スピーカーの良いところが出ていると思います。
高音はシャリっっとする印象でしたが、分解力があり、中々の細かい音が聞こえました。
低音はトントンといったテンポの良い音でなり、重低音は出ませんがぼやけない低音です。


その他
D-112EXTの前の機種D-112EXより能率が上がっているようです。
CR系では今回アンプのパワーが落ちましたから、スピーカーの能率を上げるといったメーカー側の考えがあるのかもしれません。

ONKYOはここ5年でウーハーに改良を進めていますが、カチッとした固めの音がするようになりました。
昔のウーハーは柔らかめだったんですが、ウーハー振動版は固いものを使っています。

tech02.gif



スピーカーの木の部分がリアルウッド突き板仕上げ
tech04.gif
D-55DXやD-55はMDFです。
木を削ったものを高密度・高剛性で固めたものです。
D-112EXTはリアルウッド突き板仕上げ。
ようするに、天然の木を薄くスライスし、使用しているということです。
実際に見た感じでは綺麗な仕上がりです。


rear.gif
スピーカーケーブルはバナナプラグ対応です。
この価格帯では対応しているものがほとんどです。

重さ 4.8kg
幅162×高さ267×奥行き271mm



D-55EXとの比較
d_55ex_.jpg


重さ 3.6kg(55EX)  4.8kg(112EXT)
横幅 幅148(55EX) 幅162(112EXT)

低音は似たような感じがすると感じたものの、高音~中音が違うと感じられました。
55EXはボーカルはクリアですが少し奥に引っ込んだような感じがします。
対して112EXは前に出て55EXより良く聞こえ、前に出てきます。
どちらも分解力がありますが、112EXの方がありました。
高域のしゃりつきはどちらもありましたが、細かい(粒のような)音が112EXの方が出せています。

小型スピーカーの欠点
量感のある低音が出しにくいという点と広がりのある音が出しにくい(箱鳴り感があるともいう)があるという事です。高額スピーカーになれば箱鳴りを感じさせないものもありますが、この価格では仕方ないのかもしれません。

まとめ
CR-555や755の組み合わせとしてまったく問題を感じませんでした。
見た目が良くて、音も値段に合った良いものだと思います。

2013/3に書いたCR-555とD55EXです。
→リンク CR-555




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

2013年4月春開始アニメ 進撃の巨人


進撃の巨人がとても面白かった。
私の中では2013年のアニメの中でNo1の出来だ。

おすすめ ★★★★★ (1話視聴時点)
ここがGOOD
・戦闘シーン
・エレンと一緒にミカサが走っていくシーン。恐怖の対象であるということを良く表している
気になった点
・ミカサが漫画より美人になっている点。
・漫画のグロシーンをアニメで省いている点。
・手も足もでませんでした~!の部分の演出の変更

とにかく漫画よりアニメの方が面白いんじゃないの?ってほどにテンポも良いし、戦闘シーンの迫力や演出がすごく良い。
漫画の方は3~巻あたりから面白さが失速するがアニメの方は大丈夫だろうかと心配する。たぶんアニメは全話視聴するつもり。
ミカサのようなキャラがかなり好きでお気に入りです。

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)
(2010/03/17)
諫山 創

商品詳細を見る


進撃の巨人HP
PV 一番下から

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

MD付きコンポ ONKYO X-N7XX SONY CMT-M35WM




ONKYO X-N7XX(D) CD/MDチューナーアンプシステム オンキョー XN7XXDONKYO X-N7XX(D) CD/MDチューナーアンプシステム オンキョー XN7XXD
()
オンキヨー

商品詳細を見る


MD必要で音も良い方におすすめ 定番コンポ ONKYO X-N7XX
値段 約3万
おすすめ ☆☆☆☆☆ 予算3万でMD・CD・ラジオの機能が必要な方はこれで間違いありません。
ここがGOOD コストパフォーマンスが良く、機能面・音質面ともにおすすめです。
ここがBAD パワーが若干少ない
再生可能 CD・MD・ラジオ・USB
録音可能 MD・USB

ONKYOのミニコンポと言ったらこれですね。
昔からあるシリーズでかなり売れています。
何年にもわたりONKYOはこのタイプのコンポ(型番に7がついているタイプ)を出し続けています。
昔と比べるとスピーカー部分が良くなっています。
昔のスピーカー部分のウーハーは軟弱でBASSを最大まで上げると音が割れました。
最近のタイプは改善しウーハーを硬くしたりバスレフダクトを下におく等して音を良くしています。
BASSを上げても音が割れる事はありません。
機能・入出力端子も充実してます。

高音 この価格では標準。分解力のある音ではなくソフトな音です。
中音 ボーカル音がクリアです。
低音 低音が豊かでゆとりがある低音が出ます。3万以下では低音はこのコンポが一番良い。
音の分離はそこまである方ではなく、メリハリがない方ですが、聞き疲れしにくい綺麗な音です。長時間音を出しっぱなしにしていても、嫌な音に感じにくいと思います。


機能・端子
①MD高速録音。録音時の音量をそろえる
②4設定のタイマー (目覚まし・時間録音)+スリープ
③前面の端子(LIN IN USB接続)
④背面の端子(アナログ音声入力×2出力×1サブウーハー接続×1デジタル入力×1Ri接続)
※RIというのはONKYO同士の製品をつないだ場合リモコンをリンクさせるためのもの







カセット・MDがあったほうが良い人向け SONY CMT-M35WM
値段 2万弱
おすすめ ☆☆☆ 子供用によく売れる
再生可能 MD・カセット・CD・ラジオ・USB
録音可能 MD・カセット・USB(4倍)

昔アイワから出てヒットを飛ばしていたコンポの改良型でコストパフォーマンスが良いと思います。
音の傾向は強いドンシャリ傾向です。
音質重視で選ぶ人には他のコンポがお勧めです。
液晶部分の表示が大きくわかりやすく・操作も比較的簡単です。
SONYからはMDウォークマンはもう出さないという発表もあり、
カセットに続きMDはもう過去のものとなりそうだがまだ需要がある事は確かだと思います。
イコライザーもありますが、JAZZ,J-POP、ロックといったジャンルわけでの変更になります。

コンポでUSB接続し録音するやり方はおすすめしません。
曲のタイトルが入らないため手入力になります。



SONY MD搭載オールインワンコンポ CMT-M35WM B ブラックSONY MD搭載オールインワンコンポ CMT-M35WM B ブラック
(2007/11/21)
ソニー

商品詳細を見る



まとめ
SONYのコンポは操作性・画面が見やすいので子供用にもおすすめです。
ONKYOは音質重視でMDが必要であればおすすめです。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

Pioneer CDミニコンポ X-HM50



MH50

パイオニア X-HM50 評価
値段約2万 (2013/4)
おすすめ ★★★
機能 CD再生 ipod再生 ラジオ再生
ここがGood 安い パワーがある
ここがBad ボーカルの音 ぼわつく低音 高音がシャリつく

amazonの売り上げランキング上位に入っているパイオニアのコンポの紹介です。
下位にX-CM31というほぼ同じ機能をもったコンポがありますが基本的に音の特徴は似ています。
結論から先に言いますが、2万円を切ったオーディオという中で考えればかなりの高音質なので買いだとは思います。
値段を考えればアンプ出力100Wはかなり大きい数値です。
100Wのパワーのおかげで余裕のある音に感じられました。
音の分離も良いです。

高音・低音の5段階調整ができ、さらにジャンルごとのサウンド調整が出来ます。

高音 解像度は多少あるもののシャリつきます。
中音 値段を考えればなかなかの解像度であるものの、ボーカルの音が高音と混ざったような音がしました。機械的な音と言えます。
低音 フラットで低音の量が少なかった為、BASSを上げてみましたがぼわつきました。

スピーカーの木はMDF(木を細かくし固めたもの)ではなく、パーチクルボードのような作りが粗めの材質です。
JPOPに良く合うと思います。
とはいえ、2万きってのこの音ですからかなり良いです。




まとめ
2万円以下で音質重視のコンポで探してる場合おすすめ。
3万円以下まで予算があるならば、ONKYOのX-N7XXがおすすめです。





テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

amazon保証内修理対応 EIZOモニター 修理対応 について



今回は商品のおすすめではなく、保証内修理対応でのおすすめです。
2013年で2回不良品に出会い、その時の良かった対応について書きます。
①intelSSD330での不良でのamazonの対応。
②EIZO(ナナオ)モニターFS2332の画面表示不良でのメーカー対応。
どちらも2013年の対応になります。

家電量販店で購入後1週間程度であればその場で新品交換をしてくれます(在庫があれば)。
この場合家電量販店まで足を運ばなければなりませんが良い対応を取ってくれる事が多いと思います。
通販サイトで購入した場合は
故障かどうかを電話確認→商品を送る→1~3週間待つ→戻ってくる
梱包材も自分で用意する等といった面倒な対応をとるところもあると思います。



①amazon修理対応

3~4か月ほど前に購入したintelSSD330のSSDの調子がおかしくなりました。
もともと調子が悪かったのですが、修復プログラムで修復し、だましだまし使っていましたが、ついに起動しなくなりましたので不良品だと思いamazonに対応してもらいました。

おすすめ ★★★★
良いところ
・購入から3カ月でも新品との交換
・最速で送ってくれる
・電話対応が良かった
ここがBAD
・メーカー側に電話をかける手間
・プリンターを使って印刷

私がamazonでとった手順はこちら
①amazonに電話。状況を説明 (購入履歴のところからからしか電話がかけられないシステム)
②メーカー側に故障確認する
③amazonに故障であったと電話をかける
④新品の商品が次の日に届く(速達)
⑤amazonに指定された配送センターに電話
⑥故障品をamazonに送る(④でもらった箱に入れて良いとのこと)


良かったのは修理が終わるまでまたないとSSDが使えないと思っていたのに対し、新品を送ってくれたことです。
送り先、差出人などの記載はあちら側でやってくれるようで助かりました。
故障品であるかどうか分からない場合、こっちで調べる必要があるようです。
amazonで購入したという購入履歴があるので保証書はいらないと言われました。
メールに記載された紙をプリントし箱に一緒にいれました。

ちなみにintel側に対応してもらう場合は梱包を準備し、配送先等の記載も自分でやる必要があります。
代用品もありません。
これに比べればamazonのほうが良いです。





②EIZO修理対応
EIZOのモニターFS2332の保証は5年間ついています。
5年間も保証があるので相当な自信があるのだろうと思っていましたが、1年半程度で不良が出ました。
(画面半分が映らなくなる症状)

おすすめ ★★★★★
ここがGOOD
・代用品の支給
・配送・梱包等はあちら側がすべてやってくれる

ここがBAD
・新品ではない

私がEIZOでとった手順はこちら
①メーカーに電話をかけ状況説明 故障ですとすぐに判断される
②2~3日程度後に代用品(同じ型番のモニター)が送ってこられその場で交換する
③修理品が戻ってくる

EIZOでの対応はこちら側の負担が少ないです。
代用品も送ってくれたので、修理待ちでモニターが使えないという事もありません。
ちなみに代用品と交換したのは、本体のみでした。ケーブル類はそのまま使って下さいとのこと。



まとめ
amazonでの対応もEIZOでの対応も良かったと思います。
通販で購入した保証内修理での対応が心配であったのですが、この2つの購入の場合は安心できそうです。
amazonで対応をとってもらう場合は先にメーカーに故障かどうかを確認した方が良さそうです。
手間が省けますので。

テーマ : AV機器・家電製品
ジャンル : ライフ

SONY ウォークマンドックコンポ L7D CMT-L7D



SONYウォークマン所有者におすすめ CMT-L7D

SONY ウォークマンドックコンポ L7D CMT-L7DSONY ウォークマンドックコンポ L7D CMT-L7D
(2010/10/09)
ソニー

商品詳細を見る




値段 3万8千円(2013/4時点)
おすすめ ★★★
ここがgood
・3つの機能面 DVD再生機能 ウォークマン充電可能 タッチパネル
・モニターが綺麗
・スピーカー分離可能
・奥行きが約14cmの奥側省スペース

ここがBad
・SONYのウォークマンのみの対応(対応商品・アクセサリー
・低音・高音の細かい調整機能なし
・横幅が長い(約61cm スピーカー合わせて)
・録音機能なし


音に関して
このタイプのビジュアルに特化したコンポは他メーカーでも出ていますが、総じて言える事は音があまり良くない事です。その中でもこのコンポは中々の良い音でした。(以前に紹介したKENWOODR-K731+LS731の方が高音質です。)
SONYらしい音で、音の分解力があります。
パワー感もある程度ありますし、BASSの強弱のONとOFFのみの機能がありますがONにしても量のある低音が出せていました。
ただし音量を上げすぎると低域が割れます。(少しうるさい程度でBASSをON)


モニター画面の綺麗さ
画面はタッチパネルです。タッチの反応も良好でした。9インチと小さいですが、実際に見てみてカラーで画質が良かったです。

その他
画像では見えませんが、上部にボタンがついています(早送り一時停止等)
低音・高音の調節は不可。ロック・JPOP等のジャンルわけのサウンド調節ができます。


まとめ
ビジュアルと音質どちらとも重視するなら選択肢に入れていいと思います。
さらに対応SONYウォークマン所有者であるならおすすめです。
音質重視であり、場所も余裕あるなら同価格の音質重視のコンポにした方がいいです。




テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

クリプシュ Klipsch RB-41 II ブックシェルフ スピーカー


小型スピーカー ロックに合う Klipsch RB-41 IIを買ったのでレビュー

TEACのA-H01とクリプシュのスピーカーを組み合わせとして購入しました。
相性はまずまずといったところです。

おすすめ ★★★
値段 約3.8万円
ここがGOOD
・ロック系の音に相性が良い ドラムとか
・音の歯切れが良い
・コンパクトスピーカーでデスクトップ用のスピーカーに向く大きさ 約横15cm縦22cm奥20cm

ここがBAD
・箱鳴り感がある
・分解力があるタイプではない

DSC01843.jpg



ドラム系の音を鳴らす事が得意なのがこのスピーカーの特徴である。
ドラム音にリアルに感じられ、パンチのある音が出る。
低音~高音ドンシャリというわけではなく、上から下まで程よく出ている。
高分解の音ではなく、ほどほどに分解力がある。重低音は出ない。

私はPC用で使うためこのスピーカーを選んだ。
ゲーム・動画用・ロック用のスピーカーとしての使用用途ならおすすめ。
得意ジャンル ロック・メタル・JPOP
苦手 クラッシック・ボーカル主体の音楽

値段に対しての音の良さ
高音★★★
中音★★★★
低音★★★


サランネットはマグネットタイプ

DSC01836.jpg

サランネットをはめた画像
音質に変化を感じられないため普段はサランネットをはめて音を鳴らしている。

DSC01837.jpg

後ろの画像
バナナプラグがささる。
下の方にバスレフダクトがある。
5cm~10cm程度壁から離して音の影響は感じられなかった

DSC01838.jpg

付属のインシュレーター。
別のインシュレーター所有の場合は使う必要もないと思う。

DSC01839.jpg


所有KEFのIQ3と比べて

KEFのIQ3と比べると音の広がりと音のクリアさが低下している。
箱鳴り感がある。
というのもスピーカーの大きさが倍以上違うため、音の広がりや箱鳴り感があるのはしかたがない。
KEFは綺麗な音を出すという向くのに対して、クリプシュは派手に鳴らすという傾向にあると思う。


まとめ
高分解・綺麗な音を求めるなら別のスピーカーがいい。
ロックを聴くならおすすめ。
ジャズ・JPOP等もいける。
女性ボーカルメインまたはクラッシックメインなら別のスピーカーがいい。

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。