スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブウーファー SL-057

おすすめ度 ☆☆☆☆

おすすめポイント
・低価格! 値段以上にきっちり低音が出る


ここは注意
・重い 重さは13kgある。


ONKYO アンプ内蔵サブウーファーシステム 75W SL-057(D) /木目ONKYO アンプ内蔵サブウーファーシステム 75W SL-057(D) /木目
(2004/06/18)
不明

商品詳細を見る




紹介
サブウーファーの説明

サブウーファーとは低音をだすスピーカーです。
小型のスピーカーでは低音は出にくく、また大型スピーカーでも物足りない場合に使われたりします。
しかし、現在サブウーファーを使う人がいたとしたらそのほとんどの人がホームシアター用に使っている人がほとんどだと思います。
では、音楽を聴くときに低音がもう少しほしい!という方は普通Bassのレベルを上げると思いますが、このサブウーファーを使えばさらに低音を出す事が可能になります。
映画であれば、映画館のゴゴゴゴゴゴといった低い音も、サブウーファーを使えば再現する事ができます。
しかし、マンションに住んでいる方や隣の家に音が響いてしまう事もありますので注意。

注意点
アンプにサブウーファー出力端子がない場合は使えないので注意!
AVアンプ、プリメインアンプにはほとんどついていますが、ミニコンポにはついていないものが多いです。

SL-057とSL-A250の比較
ONKYOの新しいシリーズのSL-A250との比較です。SL-057の方は低音の音とともに前面の長細い穴からの空気が出てきます。低音は穴からでるのではなく、本体下にあって見えないウーファーから出ています。
新シリーズSL-A250は本体の前面にウーファーがついており、前面の方から音がでます。
聞いた感じスピード感は新しいSL-A250の方が多少あり、くっきりした低音が出ていました。
また、どちらもボリュームつまみは後ろについています。




リンク
SL-057
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。