スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAC S-300NEO評価



A-H01+S-300NEO試聴してきた!

今回、S300NEOの弱点や良いところを発見したので書きます。
デスクの上においてもそこまで邪魔にならなさそうだと思ったが、高さは低めだが横と後ろのサイズに注意が必要そう。


評価 ★★★★
値段3万~4万
ここがGOOD
・なかなかの音の情報量の多さ
・歯切れの良さ
・スピーカーキャビネットが綺麗


悪いところ
・後ろにバスレフダクトがある(後ろとの壁の距離を考慮しなければいけない)
・多少の箱なり感がある(他のスピーカーと比べ感じた)


TEAC コアキシャル2ウェイ・スピーカーシステム S-300NEO-CHTEAC コアキシャル2ウェイ・スピーカーシステム S-300NEO-CH
(2011/11/01)
ティアック

商品詳細を見る






S-300NEO
このスピーカーの音バランス
高域 ★★★★
中域 ★★★
低域 ★★★

高域よりの音をだす傾向。多少シャリつく傾向があるが自分の好みの音だ。
低域はトントンというような歯切れ良さで鳴る。重さはあまりない。
ボーカルの音もぼやけずクリアな傾向
高域よりの音で低音重視する人には物足りないだろうと思った。
JPOP系ジャンルの音楽に愛称が良さそうな気がする。
逆にジャズやクラッシックといったジャンル重視には向かない気がする。

サランネットがマグネットでくっつくタイプだった。




A-H01で他スピーカーをつなげて聞き比べをしたので紹介。

①A-H01+S-300NEO(TEAC)
②A-H01+ZENSOR1(DALI)
③A-H01+4312M(JBL)
④A-H01+IQ3(KEF)

DALIのZENSOR1小型スピーカーと比べてみて
価格COMで人気のあるので比べてみた。
一番感じた事はDALI方は情報量が少ない。対してTEACの方はが若干情報量が多く歯切れが良い。
しかし、音場の広さはDALIの方が上だった。
ZENSOR1は小型スピーカーと感じさせない優れた鳴り方をする。
JAZZとか聞くんだったらDALIのほうが良さそうだった。

JBL4312M II BKと比べてみて
これは低域側の量が増えてまったく違う傾向。
JBL→低域の量が増えた、高音~低域まで出ている。
S-300NEO→低域若干不足 高音よりに音が出る。
低音重視するならJBLの方がはっきり言って良い。

KEFIQ3と比べて
KEFの作る音場の方がかなり広い。
KEFはゆったり音を出すのに対して300NEOはハキハキなってる。
高域がこっちの方が細かく良い。



まとめ
・同クラスのスピーカーを所有してた場合、音質がものすごく上がるってことはない。
・A-H01の組み合わせは必ずS-300NEOにする必要はなく、好みに合わせてスピーカーを選ぶべし。
・低域重視するなら別の方がいいかなという印象。サブウーハーで補うことも出来ると思う。
・後ろの距離を若干考慮する必要あり

このスピーカー見た目が綺麗で、艶があって良いですね。


スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。