スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pioneer CDミニコンポ X-HM50



MH50

パイオニア X-HM50 評価
値段約2万 (2013/4)
おすすめ ★★★
機能 CD再生 ipod再生 ラジオ再生
ここがGood 安い パワーがある
ここがBad ボーカルの音 ぼわつく低音 高音がシャリつく

amazonの売り上げランキング上位に入っているパイオニアのコンポの紹介です。
下位にX-CM31というほぼ同じ機能をもったコンポがありますが基本的に音の特徴は似ています。
結論から先に言いますが、2万円を切ったオーディオという中で考えればかなりの高音質なので買いだとは思います。
値段を考えればアンプ出力100Wはかなり大きい数値です。
100Wのパワーのおかげで余裕のある音に感じられました。
音の分離も良いです。

高音・低音の5段階調整ができ、さらにジャンルごとのサウンド調整が出来ます。

高音 解像度は多少あるもののシャリつきます。
中音 値段を考えればなかなかの解像度であるものの、ボーカルの音が高音と混ざったような音がしました。機械的な音と言えます。
低音 フラットで低音の量が少なかった為、BASSを上げてみましたがぼわつきました。

スピーカーの木はMDF(木を細かくし固めたもの)ではなく、パーチクルボードのような作りが粗めの材質です。
JPOPに良く合うと思います。
とはいえ、2万きってのこの音ですからかなり良いです。




まとめ
2万円以下で音質重視のコンポで探してる場合おすすめ。
3万円以下まで予算があるならば、ONKYOのX-N7XXがおすすめです。





スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。