スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綺麗な音を出すスピーカー ピュアモルトシリーズ

すっきりした綺麗な音 ピュアモルトS-A4SPT-PMとVP

おすすめ☆☆☆☆
オーディオ ブックシェルフスピーカー 
PMの値段1本33600円。2本で67200円(amazon)
S-A4PT-PM
vp
上がS-A4PT-PM 下がS-A4PT-VP VPの方がSPに比べ多少値段が高い


どんな音なのか
全体的な感想としてすっきりしたキレの良い音綺麗な音だと思う。
高音が綺麗。低音はこのサイズのスピーカーならしょうがないのかもしれないが期待しない方が良い。一度オーディオショップや大きな電気屋等で視聴してみてほしいです。

おすすめポイント
このスピーカーのキャビネット部分は長年ウイスキーを入れていた樽を加工しスピーカーの木の部分に使っています。
ウイスキーが木に染み込み他のスピーカーとは一味違う音色を出します。
匂いはしませんが後ろのバスレフの穴の方に鼻を近づけるとほのかに匂いがするような気がします^^;

ダメなところ
アンプを選びます。ミニコンポなどの貧弱なアンプで鳴らすのとちゃんとしたアンプで音をならすのとでは雲泥の差。アンプ選びは慎重に。
市場売り上げの高いDENONのアンプならPMA-1500程度、同じパイオニアなら同クラス推奨。
低音が少し貧弱ですがこの大きさのスピーカーはどれも大きな差はないと感じます。(まったくでないわけではない)
大型スピーカーに比べると広がりに多少かける



こんな方におすすめ
あまり大きなスピーカーはおけない。
同価格帯でスピーカーが欲しい方。
綺麗な音楽を良く聞く方。

紹介
ピュアモルトシリーズにはS-A4SPT-PM、S-A4SPT-VP、S-PM300がある。
値段はS-A4SPT-PM<S-A4SPT-VP<S-PM300の順。S-PM300は個人的に微妙だと思う。
理由はS-PM300はトールボーイとして使うならスタンドがいるのだが、そのスタンドもまた高い。
そのまま使うにしても少しサイズが大きい。格段に音がよくなっているわけでもなさそうだ。こだわりを持つ人用に思える。
S-A4SPTシリーズのPMとVPの大きな違いはウーファ部分、キャビネット、グリルネット。
VPの方が良くなっていると公式HPには書いているように思う。
私はVPの方が好みだったがPMとVPがそれほど違うとは思わなかった。
VPがサランネットが2個ついているのは魅力的。



以下リンク

公式HP 音あり。詳しい情報あり
ピュアモルト
価格COMではVPの方が人気が高い
価格COM VP


Pioneer S-A4SPT-PM ピュアモルトスピーカー (ホワイトオーク) 1台Pioneer S-A4SPT-PM ピュアモルトスピーカー (ホワイトオーク) 1台
()
不明

商品詳細を見る
パイオニア ピュアモルトスピーカー S-A4SPT-VPパイオニア ピュアモルトスピーカー S-A4SPT-VP
(2006/08/10)
不明

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。