スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームシアター  DHT-M380

DHT-M380
20452010345.jpg

おすすめ ☆☆☆
価格: ¥ 35,800 (税込) amazon 2008/6/20
ジャンル 5,1chホームシアター 映画用
良い点 コストパフォーマンスに優れる サブウファーが小型 
悪い点 上位クラス10万以上と比べると音質が落ちる 音楽向けではない



5.1chってなにーのご紹介等
この画像のスピーカーの本数を見てください。
小さなスピーカーが5本と大きな箱みたいなスピーカーが1本あります。
なので小さなスピーカー5.0と大きな箱みたいなスピーカー0,1であわせて5,1chというスピーカーシステムという形でよばれてるみたいです。
小さなスピーカーがもし5本ではなく、7本あれば7,1cnになります。

この大きな箱スピーカーがサブウファーと呼ばれ、重低音を出します「ゴゴゴゴゴ」といった音。
5本のスピーカーは通常自分の周りに5本置くようにセッティングし、サブウファーは通常後ろにはおかないで前に置きます。。DENON公式参照
自分の家で映画館のように前からも後ろからも音が出てくるようにするのが5,1cnです。
そして、前にも後ろにもスピーカーをセッティングできるスペースを確保する必要があります。

DHT-M380について
M380は音楽向きではなく、映画やTVの音再生向けになります。

このセットだけ買っても音を再生できません。別にDVDプレイヤーが必要になります。
最近はDVDレコーダーをお持ちの方が増えていると思うのでそれを使っても良いですし、無ければ1万円程度のソニー、パイオニア等のDVDプレイヤーとつなげて使っても問題ないです。
光ケーブルで接続しましょう。

M380はこの価格での5,1chの中では音質は良いと思います。
迫力があり、高音低音も出ています。台詞もTVで聞く音よりもはるかにリアルです。
TVの出力からアナログ、光出力でM380のアンプに接続すればTVの音声も再生可能です。

スピーカーにスピーカーケーブルをすべてつなげる必要があり、フロント、センタースピーカーは3M、サブウーファーは3M、サラウンドスピーカーは10Mのケーブルがついています。
サラウンドスピーカー用のスタンドは別売りになり、2種類のタイプがあります。(1万円前後)

機能面では、自分の部屋にあわせて音を調節できるという機能があり、6畳、8畳、12畳、15畳、20畳の5タイプから選択でき、通常よりもより良い音響効果を調節できます。
ドルビーバーチャルスピーカーという機能もあり、ヘッドホンでも5,1chのような音響効果を狙っていますが、ヘッドホンで聞いても5,1chのようには聞こえません。音の広がりがあるくらいの機能と思っていただいた方が良いと思います。
色は木目のみになり、M370でのシルバー色はなくなったようですね・・・。
私はブラックやホワイト等のカラーバリエーションを増やしても良かったと思うのですがね。


ホームシアターシステム DHT-M380(M)ホームシアターシステム DHT-M380(M)
(2007/08/28)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sasi27

Author:sasi27
オーディオ販売経験が原因でオーディオが趣味になってしまいました!KEFのIQ9が好きで所有しています。現在はPCオーディオに注目しています。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
当サイトはリンクフリーです。 許可なくリンクして頂いてかまいません。
amazonリンク
ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QRコード
最近のコメント
最近のトラックバック
ブログランキング
バナー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。